檜原村と言えばここ!代表観光スポット巡り

Popular sightseeing spots of Hinohara Village

山々に囲まれている檜原村では、自然がつくりだした美しい景色に出会うことができます。ここでは、初めて檜原村を訪れるときに行くべき場所をご紹介します。何度も行ったことがある方も、ぜひ初めての方を案内するときには参考にしてみてください。

中山峡と中山の滝

まずは檜原村の入り口にある「中山の滝」です。ここは南北の秋川が合流し、水の流れが豪快な渓谷美を楽しむことができます。

中山の滝
中山の滝

「中山の滝」は落差が小さく「これが滝なの?」と言われてしまうこともある場所ですが、大きな岩の上から勢いのある水の流れを見ることができるので、雄大な自然の魅力が味わえます。

※足場は不安定なところもあるので十分お気をつけください。

行き方

下元郷公衆トイレ駐車場から川下の五日市方面へ徒歩5分。石碑とトイレのあるところの脇の階段を下る。

見学所要時間

20分

移動 10分

次は檜原村随一の観光地、払沢の滝。中山の滝から川上の檜原村役場方面に進むと、橘橋の信号に突き当たります。この信号を右に曲がって進み、「桧原とうふ ちとせ屋」の看板の左脇にある道へ入ります。「NPOのお店 四季の里」の前を通り過ぎて坂を登ると駐車場があります。

※道が少し狭いので、ゆっくり走ってください。

日本の滝百選 払沢の滝

東京都で唯一日本の滝百選に選ばれている「払沢の滝」。ウッドチップの敷かれた遊歩道を15分ほど歩いたところにあります。道沿いに沢が流れているので木々の中を歩きながらリフレッシュできます。遊歩道入口周辺は紅葉を楽しむ場所としてもおすすめです。

払沢の滝遊歩道
払沢の滝遊歩道

滝が見えたら、岩場を登って滝つぼのすぐそばまで行ってみましょう。迫力満点の滝を間近で見ることができます。「払沢の滝」は4段に分かれている滝で全体の落差は約60m。ですが、下から見えるのは一番下の段の「一の滝」で、落差は約26mです。山の中の見えないところからこの神秘的な滝が始まっているのです。深い滝つぼには、大蛇が住んでいるという伝説もあります。

払沢の滝
払沢の滝

行き方

払沢の滝見学者駐車場から公衆トイレの横の道を下って遊歩道に入り、徒歩15分。

見学所要時間

60分(遊歩道の往復含む)

移動 15分

次は「神戸岩」です。払沢の滝の駐車場から都道へ戻り、左折して川上の檜原小学校方面へ進みます。郷土資料館の前を通過して、青い橋「神戸大橋」が見えたらその橋を渡らずに、右へ入ります。この道沿いに流れている「神戸川」に沿って、キャンプ場のある杉林を進むと、公衆トイレのある駐車場に到着します。

東京都の天然記念物 神戸岩

都の天然記念物に指定されている「神戸岩」。大自然が長い年月をかけてつくりだした景色です。神戸岩周辺には広葉樹も多く、秋の紅葉スポットとしても有名です。

神戸岩
神戸岩

「神戸岩」はチャート層の硬い岩が水の浸食によって削られて、戸が開きかけているように見える珍しい形の岩です。岩の間を美しい沢が流れていて、この岩は川底でつながっています。 約100mの高さのある岩を前にすると、わかっていても「ここが東京?」と言いたくなります。

神戸岩谷間
神戸岩谷間

はしごを登ったりくさりを使って狭い岩場を進んだり、まるで冒険をしているような気分になれます。両手は必ず空いた状態で散策してください。 渓谷歩きを楽しんだら、トンネルを通って駐車場へ戻ります。

※トンネルは工事車両が通ることがあるので、十分お気をつけください。また、カーブしているので数m暗闇になります。

行き方 神戸岩駐車場から林道を約1分進むと、神戸岩の看板があります。この左脇から渓谷歩きが始まります。
見学所要時間 30分

 

以上、檜原村を初めて訪れる方に、絶対に行って欲しいスポットをご紹介しました。檜原村は東京都内でありながら、都会の喧騒を忘れさせてくれるような景色であふれています。ぜひ一度訪れて、綺麗な空気や雄大な自然をお楽しみください。

他のおすすめの過ごし方はこちら

人気記事 TOP3

最新記事 TOP5