• Top
  • コラム
  • 檜原村のマスターがいるお店。名物マスターに会いに行く。

檜原村のマスターがいるお店。名物マスターに会いに行く。

ライター:地域おこし協力隊(土井智子)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言中、またはそれに準ずる場合においては、不要不急の来村はご遠慮ください。

私が、「東京都の檜原村に住んでいます」と人に話すと「あぁ、知ってますよ」と言って、ある場所の名前を出してくる。そして「行ったことがある」という人も多い場所。

それは檜原村役場の中にある喫茶店「カフェせせらぎ」です。

店内は名前の通り、窓際の席からは秋川の清流と緑の景観を楽しむことができ、檜原村の天然水で入れた美味しいコーヒーが飲める喫茶店として、コーヒー好きに親しまれるお店。また、地元の旬な特産品が集まるお店だから人気なのもうなずける。

でも実はそれ以外のお目当てがあって店に行く人も多く、私もそのうちの1人。

それは、檜原村出身の幡野庄一さん、「カフェせせらぎ」のマスターです。

ゼロからスタートした凄腕マスターの言葉

銀座をはじめ東京の一等地で35年、「みゆき館」という有名コーヒーチェーン店を営んできたマスターが、檜原村の「カフェせせらぎ」をやっていると聞いたら驚く人もいるだろう。

実家はもともと呉服屋で、4代目だというマスター。30代で奮起して脱サラし、大手町ビルの一角から始めた喫茶店はあっという間に繁盛店に。多い時には15店舗にもなったというから、凄腕のマスターなのだ。

(銀座デビューがだいぶ遅かった私がはじめて1人で入った喫茶店がその「銀座みゆき館」だったいう話は別の機会にするとして・・)

マスター(以下、マ)「元気にやってる?最近はどう?」

土井(以下、土)「マスターの顔を見ると元気になります。今日はマスターに会いに来ました。」

マ「そう言ってくれると嬉しいよ。」

いつも笑顔で声を掛けてくれるマスター、御年82歳。
自宅からお店までは30秒の道のりなのに、パリッとしたシャツにカラージャケット、シャツの首元にスカーフをのぞかせたトラッドスタイルで出勤する。いつだっておしゃれなのだ。「着ていくところがないから来ているだけだよ。銀座の時から同じなんだよ。」と気取らないのがマスター流。その日は村のキャラクターが入ったポロシャツで、好きだというピンク色を着て仕事をしていた。背筋がきちんと伸びていて、若々しくはつらつとしているのは、趣味のゴルフが秘訣のようだ。

土「マスターの気分転換と元気の秘訣はゴルフなんですね!」

マ「そうだねぇ。下手とか上手いとか関係なく、行ってその場所や雰囲気も楽しめるから楽しんだよ。」

土「ゴルフってなかなか難しいですよね・・」

マ「力むから難しくなっちゃうけど、力を抜いてスコアとか関係なく、楽しんじゃえばいいんだよ。遊園地とおんなじ。1日ゆっくり楽しめるからね。なんでもそうだよ。」

ゼロからひとつひとつ積み上げてきた人の言葉は、どこを切り取っても勉強になる。
マスターの語る言葉は人生にも通じるような、心に響く名言が多いんです。

とにかく人、人がすべて

私が訪れた日も、役場には朝からひっきりなしに人が来る。そして、お店の前を通り掛かるほとんどの人をマスターは知っていて、笑顔で手を上げ、「元気でやってるか?」「久しぶり!」と声を掛ける。今度は逆に向こうから「マスター!」と手を振る人もいる。その人達はいつも付き合いのある業者さんもいれば、観光客、村の人や役場の人など様々。

土「せせらぎに来る人は、マスターに会いに来るって人が多いんじゃないですか?」

マ「そんなことないよぉ。」

マスターは謙遜しているけど、きっと人はこの笑顔に会いにくるのだろうなぁ。

マ「何十年もずっとお店をやっていて思うけど、どんな時もやっぱり人が1番大事なんだよ。働くのも来てくれるお客さんも、人だから。人がすべてなんだよ。」

人を大事にするマスターだから人にも愛されていて、良い循環をしているんだなぁ。
「カフェせせらぎ」の代名詞となる窓際の特等席で、笑顔の写真をパチリと1枚。

人を思いながら入れる人のコーヒーは今日も美味しい!

ライター:檜原村地域おこし協力隊・土井智子 2019年に千葉より檜原村に夫婦で移住し、地域おこし協力隊として村内で活動している。 自然豊かな檜原村で古民家暮らしを満喫し、日々の暮らしを発信中。 https://www.instagram.com/tocoxxhinohara/
新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言中、またはそれに準ずる場合においては、不要不急の来村はご遠慮ください。

他のコラムはこちら

人気記事 TOP3

  • 下元郷駐車場

    コロナ禍の檜原村 今、払沢の滝・神戸岩って行ってもいいの?

    2021/09/22ライター:檜原村観光協会(鈴木彩瑛)

  • 浅間嶺から大岳山を望む

    檜原村の山歩きMountain walk in Hinohara village

    2021/03/12ライター:檜原村観光協会(鈴木彩瑛)

  • あったかい家族のような人達に会いに。標高750m天空の古民家を訪ねる。

    2021/09/3ライター:檜原村地域おこし協力隊 (土井智子)

最新記事 TOP5