東京都で唯一の 日本の滝100選
払沢(ほっさわ)の滝
 
【概要】
日本の滝百選に入る払沢の滝は檜原村の滝を代表する名瀑で、通年多くの観光客が訪れます。
落差は4段で約60m。最下段(落差約26m)の落ち込みにある深い淵はとても神秘的で、古くから大蛇が住むと伝えられてきました。
また払沢の滝は厳冬期に美しく 結氷することでも知られています(右の写真)

※滝つぼには入らないで下さい(地元住民が飲料水として利用しているため)

パンフレット

周辺マップ

【アクセス】
公共交通で来られる方:JR武蔵五日市駅から西東京バス「払沢の滝入口」、「藤倉」、あるいは「払沢の滝入口経由」、
       もしくは「やすらぎの里経由」の「数馬」
行きに乗車。「払沢の滝入口」バス停で下車(乗車時間約25分)。
       バス停より、徒歩約15分

JR武蔵五日市駅前バス乗り場案内

西東京バス時刻表(外部リンク)

自家用車:五日市方面からは檜原村に入って最初の信号(橘橋)を右折。お豆腐屋さんの脇を左折、少し狭い道を道なりに       進むと右手に舗装された駐車場が現れます(無料:普通車30台、大型バス3台)
       ※カーナビを利用の方は、042-598-0056(檜原とうふちとせ屋)に設定してください(ちとせ屋から滝までは、下       記「あきる野ICからのアクセス」2ページ目からをご覧下さい)。

あきる野ICからのアクセス

冬期でも、日中であれば、あきる野市〜払沢の滝までの道路はほとんど凍りませんが、スタッドレスタイヤでない方は、念のためチェーンなど滑り止めをご用意下さい。

払沢の滝入口バス停、あるいは払沢の滝村営駐車場より、渓流沿いの遊歩道をのんびり歩いて約15分

公衆トイレはバス停および駐車場付近にあります(滝のそばにはありません)。

払沢の滝冬まつり

払沢の滝ライブカメラ

払沢の滝 Q&A
トップページへ