山の古民家ツアー

山岳モノレールで登る
国重要文化財 茅葺古民家「小林家住宅」

檜原村の歴史と風土を体験する日帰りツアー
郷土資料館で歴史を学び、山の急斜面を登るモノレールに乗って
茅葺き屋根の古民家「小林家住宅」へ
お昼は地元のみなさんと一緒にうどん造りやこんにゃく造りを体験します

開催予定日
4月27日(木) 満員
5月11日(木) 受付中
5月25日(木) 受付中

kobayashitour【ツアー概要】
・開催日:月2〜3回(詳しくはお問い合わせ下さい)
・定員:毎回8名(最低催行人数4名)
・参加費:3,500円/人
*税・保険料込み|当日現金払い
*GWなど繁忙期は4,500円/人
・主催:一般社団法人檜原村観光協会
・協力:大杉の会

【スケジュール】
10:00 檜原村観光協会集合/受付開始
10:30 出発 10:45 檜原村郷土資料館 学芸員による解説
11:30 郷土資料館出発
11:50 モノレールのりば 到着
12:00 モノレール出発
12:20 小林家住宅到着
(季節毎のイベント・昼食)
15:00 小林家住宅出発
15:20 モノレールのりば出発
16:00 檜原村観光協会到着 解散
*希望者は武蔵五日市駅まで送迎アリ

【みどころ】
①国重要文化財 小林家住宅
外観1
村内最古の民家と言われており、陣馬尾根の尾根筋上、標高約750mほどの南斜面に建つ建物。その手法からみて建築年代は18世紀前半と考えられている。檜原村では古くから炭焼きを行っており、当時の小林家は木炭の作業や運搬に尾根道利用などの周辺環境に適したこの場所に建ち、自然と共生しながら暮らしていた人々の生活をしのぶことができる。訪れるには急な斜面を登っていくか、専用の山岳モノレールに乗車するしかない。浅間尾根を見渡せる眺望は四季折々の素晴らしい景観が望め、建物上の斜面には春にはミツバツツジが満開に咲き誇る。

*季節の体験イベント
4月〜9月:うどん作り体験 できたてのうどんを村の野菜と一緒に煮込みうどんで試食
10月〜12月:こんにゃく作り体験 できたてのこんにゃくの試食とおにぎりと味噌の提供
3月:味噌作り体験 体験後はおにぎりと手づくり味噌でつくった味噌汁の提供

 

②山のモノレール
モノレール
駐車場から小林家住宅を結ぶ専用モノレール。
山の急傾斜をグングン登って行きます。
車窓からの景色は圧巻です。

檜原村郷土資料館
村の歴史と伝統、恵まれた自然と生活環境の変化にあらためて目を向け、ふるさと再発見の拠点となるのが郷土資料館です。遠く縄文から江戸、そして養蚕や煮炊き用の鉄釜などの道具類が語る、つい最近まであった里山の暮らしに触れることができます。先史時代からはじまる檜原村9000年の歴史を、数多くの出土品・古文書・生活用品のほか、模型や映像などによってやさしく解説しています。
【お問い合わせ】
一般社団法人 檜原村観光協会
☎042-598-0069